スクリュー制作

昨年東北のお客様より傾斜シックナーの部品のスケッチ及び製作のお話をいただきまして、
現在スケッチしたスクリューとバスケットを制作しております。
スクリューについては1本目がほぼ出来上がってきました。




こちらのスクリューは先端部の肉盛りが特徴です。
傾斜シックナーは最後の部分で絞りますので、このように引っかかりを強くするような肉盛りを
することが多いのですが、元の仕様にはないため図面に書かれていることが少ないです。

そのため現物を外してスケッチし、どのあたりから肉盛りされているのかを測ることで
現在使っているものにできる限り近いものを作ることができます。

もちろん現物は摩耗しているため、当社で作った新品は全く同じものではありません。
そのため取付けして稼働させた際には、若干の調整は必要になってきます。
ただその手間をできる限り少なくするためにも、工夫してスケッチして
図面を起こすようにしています。

なにか気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。