加工のやり方は都度考える

現在ロール製作のお仕事に取り掛かっています。
今はヘッダー部を製作しており、シャフトへの支持板の溶接が終わりました。



今回の製作での難しいポイントは、この支持板の横に穴をあけ、
シャフトに通した丸い板の穴とネジで固定します。
支持板の厚みは穴をあけるには本当にギリギリですので、溶接の精度を高め、
穴同士がうまく合うように加工していきます。

難しい加工は職人さんのやる気を起こすようで、どうやったらうまく加工できるのか、
朝からひとしきり話に花が咲きました。

当社に製作をご依頼いただくのはほぼすべてがカスタムメイドの製作ものですので、
作り方も都度考えてベストな方法で対応しております。

難しい製作ものでも、ぜひお気軽にご相談ください。