お仕事をつなげていくためにする2つのこと

今日はある仕入れ先様からご紹介をいただいた製紙会社様の技術部門の専務様を、
ご挨拶で訪問させていただきました。

そのことで気が付いた「仕事をつなげていくための2つのこと」を書いてみたいと思います。

当社工場長、設計と私の3人で訪問させていただいたのですが
工場内が非常に片付いており、整然としてとても仕事がしやすい環境でした。
聞くところによると、この半年くらいで専務様が陣頭指揮をとられて整理をされたとのこと。
ちょうど当社も年明けから工場長がもうちょっと整理整頓をしていこうと、
少しずつ整理用の棚を作ったりしていたので、整理の仕方など参考になる点が多かったようです。
専務様からも一度当社の工場の加工機械を見てみたい、というお話をいただいたのもあるのですが、
当社も工場内の整理は早めに取り組みたいと思いました。

というのも、仕入先さんというのは色々なお客様を回っているので、
どこの工場でどんな仕事ができるのか、また工場内の稼働状況もなんとなくわかるでしょうし、
工場内が整理整頓されているのかもよく理解しているでしょう。

どこか加工ができるところを紹介してほしいといわれた時、
加工機械や技術のみならず、そういった工場内の雰囲気のようなものも踏まえ、
自分が紹介しても大丈夫と思えるところを選択していると思います。
私はこういった「知り合いの知り合い」、というつながり方が非常に大事だと思っており、
アセックならば紹介しても大丈夫、と思ってもらえるように日々お仕事をしていますが、
工場内の整理整頓というのは理解が足りませんでしたので、もっと積極的に取り組みたいと思います。

昨今人気のFacebookやLINEなどのSNSも、知り合いの知り合い、
というつながりの連鎖で広まっていきますので、実際のリアルなお仕事もそういったものが
増えていくのではないかと思っています。以前は全部自社の中で完結していた仕事も、
昨今の人手不足の中ではどうしても一部は他社に外注に出していくことになったときに、
やはり実績や評判がいいところ、そして仕事場がきちんと
片付いているところを選んでいきたいというのは人の常だと思いますから。

事実、今回のお客様から頂いた加工のお仕事は、その1か月前に対応した、
別の製紙会社様の緊急のパルパーの修理案件につながっており、
初めて訪問した際に、「〇〇製紙さんの修理案件やったそうじゃないですか、
修理後もよかったみたいですよ」と言われてびっくりしました。

その修理案件は突発で入ってきたものでお客様もお困りでしたので、
当社も社員総出で迅速に修理にあたったので、一生懸命やって結果を出した仕事が
全く別のお客様からお褒めの言葉をもらって、また仕事がつながっていくのは
とてもうれしかったのです。

まとめますと、

1.仕事の質を高め、誇れる仕事をする
2.仕事をする環境を整理し、誇れる仕事場にする

これが仕事をつなげていくための2つのことではないかと考えています。