一足早い富士市の春の訪れ

私の勝手なイメージなのですが、桜はソメイヨシノ、3月下旬から4月にかけて
咲くものだと思っていました。
ただ富士市はもう少し早めの2月下旬から3月上旬に咲く河津桜が植えられているところも多く、
また今年は暖冬ということもあり、市内の各所で河津桜が満開となっています。

昨日通りがかった富士市東部の浮島地区の「浮島沼つり場公園」では、
河津桜がまとまって植えられており、今まさに満開で見頃でしたので、
ちょっと立ち寄ってプチお花見をしてしまいました。
https://goo.gl/maps/sVXp7U9Z8AyHnqzA6




2月は来年度の予算検討のため、お見積り依頼を多くいただく月ですので、
事務所での仕事がけっこう多くてなかなか外に出られなかったためか、
満開の桜をみて、浦島太郎のような気分になりました。
「あれ?いつの間にか冬は終わっていたのかな?」と。

もちろんソメイヨシノはまだ蕾ですし、朝晩の冷え込みはまだまだ厳しいのですが、
日中天気がいいと春っぽい雰囲気になることも多く、
三寒四温の日々が続いて春になっていくんだな、と実感します。

とはいえこれから3月を迎え、令和最初の年度の締めとなります。
コロナウイルス関連で企業の動きが制限されているなかですが、
急ぎで3月末期限で部品製作をしたいというお話も出てくるかと思います。
アセックではそういった急ぎのお仕事でも柔軟に対応しますので、
お気軽にご相談ください。